福島県いわき市の弁護士事務所「すがた法律事務所」です。企業再生・再建交通事故、相続、離婚、不動産問題等、法律に関する問題はお気軽にご相談下さい。
【民事裁判例】相撲協会から、無気力相撲への関与を理由として解雇処分とされた力士が、当該処分等は無効であるとして、力士としての地位確認等を求めた事案で、解雇処分が無効とされた事例(東京地裁平成25年3月25日判決)
2014.05.29
お役立ち情報
【民事裁判例】相撲協会から、無気力相撲への関与を理由として解雇処分とされた力士が、当該処分等は無効であるとして、力士としての地位確認等を求めた事案で、解雇処分が無効とされた事例(東京地裁平成25年3月25日判決)
事案の概要

 日本相撲協会(Y)は、幕内力士であるXを、故意による無気力相撲を行ったことを理由として、無気力相撲懲罰規定に基づき引退勧告処分としたところ、Xは当該処分に従わなかった。

 そのため、Yは、引退勧告処分に従わないことを理由として、Xを解雇処分とした。

 そこで、Xは、各処分該当事由が存在せず、また、解雇処分に至る手続等に違法があるから、各処分は無効であると主張して、幕内力士の地位にあることの確認を求めた。

裁判所の判断の概要

 Xが過去に「故意による無気力相撲」に関与したことは窺がえるものの、今回の取組が「故意による無気力相撲」であったと認めるに足る十分な証拠はない。

 したがって、引退勧告事由は存在しないため、引退勧告処分、それに続く解雇処分は無効である。

 仮に、「故意による無気力相撲」があったとしても、無気力相撲懲罰規定には解雇処分が規定されていないこと等からすれば、本件解雇処分は、実質的には規定に明定されていない処分を行ったものといえるので、手続に違法がある。

コメント

 本件は、ワイドショー等でも取り上げられた「無気力相撲」に関する裁判です。

 労働者である場合、解雇権濫用法理により、解雇処分の有効・無効は厳格に判断されますが、力士は労働者ではなく、解雇権濫用法理は適用されません。

 もっとも、本判決は、各処分が懲戒処分として行われたことに鑑み、各規定の明確性や処分の相当性を慎重に検討したうえでXの主張を認めており、その判断過程は、労働事件においても参考になります。

前の記事へ Button arrow Back to index 一覧に戻る 次の記事へ Button arrow

お問い合わせ

当事務所では、相談するにあたり紹介者は必要ありません。

どなたでもお気軽にご相談いただく事ができます。

お急ぎの方は、その日の相談 「即日相談制度」 を受け付けております。

Back top