福島県いわき市の弁護士事務所「すがた法律事務所」です。企業再生・再建交通事故、相続、離婚、不動産問題等、法律に関する問題はお気軽にご相談下さい。
main visual
RESULTS & COLUMN

解決事例・お役立ち情報

ALL 解決事例 お役立ち情報
【最高裁判例】性同一性障害者に関する法律の規定に基づき、男性への性別の取扱い変更の審判を受けた者の妻が婚姻中に懐胎した子は、嫡出の推定をうけるとされた判例
2014.05.02
お役立ち情報
【最高裁判例】性同一性障害者に関する法律の規定に基づき、男性への性別の取扱い変更の審判を受けた者の妻が婚姻中に懐胎した子は、嫡出の推定をうけるとされた判例
保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務の弁済をした場合における主たる債務の消滅時効の中断(最高裁第二小法廷平成25年9月13日判決)
2014.04.24
お役立ち情報
保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務の弁済をした場合における主たる債務の消滅時効の中断(最高裁第二小法廷平成25年9月13日判決)
【民事裁判例】新築住宅の木製窓から雨水が侵入し、窓に腐食や変色等が生じたことについて、請負人に設置上の瑕疵があると認められた裁判例(東京高裁平成25年5月8日判決)
2014.04.17
お役立ち情報
【民事裁判例】新築住宅の木製窓から雨水が侵入し、窓に腐食や変色等が生じたことについて、請負人に設置上の瑕疵があると認められた裁判例(東京高裁平成25年5月8日判決)
【刑事裁判例】刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例(最高裁平成25年4月15日第三小法廷決定)
2014.04.03
お役立ち情報
【刑事裁判例】刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例(最高裁平成25年4月15日第三小法廷決定)
【憲法裁判例】無差別殺人を企て、パチンコ店に火を放ち、5名を死亡させ、10名に傷害を負わせた現住建造物等放火、殺人、殺人未遂事件について、絞首刑は憲法36条によって禁止されている「残虐な刑罰」にはあたらないとして、死刑が言い渡された裁判例(大阪地裁平成23年10月31日判決)
2014.03.27
お役立ち情報
【憲法裁判例】無差別殺人を企て、パチンコ店に火を放ち、5名を死亡させ、10名に傷害を負わせた現住建造物等放火、殺人、殺人未遂事件について、絞首刑は憲法36条によって禁止されている「残虐な刑罰」にはあたらないとして、死刑が言い渡された裁判例(大阪地裁平成23年10月31日判決)
【民事裁判例】NHKがテレビジョン受信機を設置した者に対し受信契約締結の申し込みをしたときは、特段の事情のない限り、申し込みから2週間を経過したときに受信契約が成立するとした事例(東京高裁平成25年10月30日判決)
2014.03.13
お役立ち情報
【民事裁判例】NHKがテレビジョン受信機を設置した者に対し受信契約締結の申し込みをしたときは、特段の事情のない限り、申し込みから2週間を経過したときに受信契約が成立するとした事例(東京高裁平成25年10月30日判決)
【民事裁判例】ダンプカーが転倒して修理不能の損傷を受けたため、車両保険等の保険金を請求したが、転倒は故意により発生したものだとして、保険金請求権が否定された裁判例(神戸地裁姫路支部平成25年2月29日判決)
2014.03.06
お役立ち情報
【民事裁判例】ダンプカーが転倒して修理不能の損傷を受けたため、車両保険等の保険金を請求したが、転倒は故意により発生したものだとして、保険金請求権が否定された裁判例(神戸地裁姫路支部平成25年2月29日判決)
【刑事裁判例】パトカーの追跡をかわすことが主たる目的であったとしても、通行妨害運転致死傷罪(刑法208条の2第2項前段)にいう「人又は車の通行を妨害する目的」が肯定された事例(東京高裁平成25年2月22日判決)
2014.02.17
お役立ち情報
【刑事裁判例】パトカーの追跡をかわすことが主たる目的であったとしても、通行妨害運転致死傷罪(刑法208条の2第2項前段)にいう「人又は車の通行を妨害する目的」が肯定された事例(東京高裁平成25年2月22日判決)
【民事裁判例】うつ病及び認知症に罹患していた81才の男性が、全財産を実妹に相続させる旨の公正証書遺言を作成したが、当該遺言は遺言能力を欠き無効であると認定した裁判例(東京高裁平成25年3月6日判決)
2014.02.13
お役立ち情報
【民事裁判例】うつ病及び認知症に罹患していた81才の男性が、全財産を実妹に相続させる旨の公正証書遺言を作成したが、当該遺言は遺言能力を欠き無効であると認定した裁判例(東京高裁平成25年3月6日判決)
【民事裁判例】介護施設利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故に付き、事業者側の安全配慮義務違反を認めて、損害賠償義務を認めた裁判例(大阪高裁平成25年5月22日判決)
2014.02.06
お役立ち情報
【民事裁判例】介護施設利用者が食事中の誤嚥で死亡した事故に付き、事業者側の安全配慮義務違反を認めて、損害賠償義務を認めた裁判例(大阪高裁平成25年5月22日判決)
【民事裁判例】飲食店の入居するビルの利用客が下りエスカレーターの乗り口付近で後ろ向きに移動手すりに接触してこれに乗り上げ、エスカレーター外側の吹き抜けから階下に転落して死亡した事故について、エスカレーターに設置保存の瑕疵、製造物責任法にいう欠陥があるとはいえないとされた事例(東京地裁平成25年4月19日判決)
2014.01.30
お役立ち情報
【民事裁判例】飲食店の入居するビルの利用客が下りエスカレーターの乗り口付近で後ろ向きに移動手すりに接触してこれに乗り上げ、エスカレーター外側の吹き抜けから階下に転落して死亡した事故について、エスカレーターに設置保存の瑕疵、製造物責任法にいう欠陥があるとはいえないとされた事例(東京地裁平成25年4月19日判決)
【民事裁判例】電気器具メーカーで経理業務に従事していた35歳の従業員が脳出血で死亡した事案で、業務起因性を肯定した裁判例(東京地裁平成25年2月28日判決)
2014.01.23
お役立ち情報
【民事裁判例】電気器具メーカーで経理業務に従事していた35歳の従業員が脳出血で死亡した事案で、業務起因性を肯定した裁判例(東京地裁平成25年2月28日判決)

お問い合わせ

当事務所では、相談するにあたり紹介者は必要ありません。

どなたでもお気軽にご相談いただく事ができます。

お急ぎの方は、その日の相談 「即日相談制度」 を受け付けております。

Back top