福島県いわき市の弁護士事務所「すがた法律事務所」です。企業再生・再建交通事故、相続、離婚、不動産問題等、法律に関する問題はお気軽にご相談下さい。
main visual
RESULTS & COLUMN

解決事例・お役立ち情報

ALL 解決事例 お役立ち情報
【民事裁判例】高校1年生の柔道部員が試合前の練習中に急性硬膜下血腫を発症した事故について、顧問教諭に指導上の過失が認められ、1億8700万円余の支払いを命じた事例(東京高裁平成25年7月3日判決)
2014.08.11
お役立ち情報
【民事裁判例】高校1年生の柔道部員が試合前の練習中に急性硬膜下血腫を発症した事故について、顧問教諭に指導上の過失が認められ、1億8700万円余の支払いを命じた事例(東京高裁平成25年7月3日判決)
【民事裁判例】火災の発生が故意によるものだと認定して、保険会社に対する火災保険金の請求が棄却された裁判例(東京高裁平成25年10月24日判決)
2014.08.04
お役立ち情報
【民事裁判例】火災の発生が故意によるものだと認定して、保険会社に対する火災保険金の請求が棄却された裁判例(東京高裁平成25年10月24日判決)
【刑事裁判例】いわゆる強制採尿令状の発付を受けた捜査官が、令状を執行するにあたり、Xに対して任意提出の機会を与えなくても、手続に違法はないとされた事例
2014.07.22
お役立ち情報
【刑事裁判例】いわゆる強制採尿令状の発付を受けた捜査官が、令状を執行するにあたり、Xに対して任意提出の機会を与えなくても、手続に違法はないとされた事例
【行政裁判例】町立中学校のグランド内の鉄棒で前回りした際、鉄棒が支柱から外れ落ちて落下した者が事故後12年を経て後遺障害が発症したことについて、町の損害賠償責任が認められた事例(札幌地裁平成23年7月27日判決)
2014.07.14
お役立ち情報
【行政裁判例】町立中学校のグランド内の鉄棒で前回りした際、鉄棒が支柱から外れ落ちて落下した者が事故後12年を経て後遺障害が発症したことについて、町の損害賠償責任が認められた事例(札幌地裁平成23年7月27日判決)
【民事裁判例】吐物の誤嚥は、傷害保険契約における保険金支払事由としての「外来の事故」に該当すると判断した裁判例(最高裁平成25年4月16日判決)
2014.07.07
お役立ち情報
【民事裁判例】吐物の誤嚥は、傷害保険契約における保険金支払事由としての「外来の事故」に該当すると判断した裁判例(最高裁平成25年4月16日判決)
【民事裁判例】性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律に基づいて性別の取り扱いを男性に変更した者の妻が、婚姻後に、第三者からの精子提供により出産した子について、父の欄を空欄とされた戸籍の訂正許可申立てが認められなかった事例(東京高裁平成24年12月26日決定)
2014.06.26
お役立ち情報
【民事裁判例】性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律に基づいて性別の取り扱いを男性に変更した者の妻が、婚姻後に、第三者からの精子提供により出産した子について、父の欄を空欄とされた戸籍の訂正許可申立てが認められなかった事例(東京高裁平成24年12月26日決定)
【刑事裁判例】被害者の死亡の原因となった行為が強盗の機会に行われたものとされ、強盗致死罪の成立が認められた事例(東京高裁平成23年1月25日判決)
2014.06.19
お役立ち情報
【刑事裁判例】被害者の死亡の原因となった行為が強盗の機会に行われたものとされ、強盗致死罪の成立が認められた事例(東京高裁平成23年1月25日判決)
【民事裁判例】中学生の自殺について、学校は、在学契約上の調査報告義務に基づき、全校生徒に対し自殺の事実を知らせたうえでその原因について聞き取り調査をして、保護者である原告らに対しその結果を報告すべきであったのに、その義務の履行を怠ったとして、学校法人に対する損害賠償請求が一部認められた事例(高知地裁平成24年6月5日判決)
2014.06.05
お役立ち情報
【民事裁判例】中学生の自殺について、学校は、在学契約上の調査報告義務に基づき、全校生徒に対し自殺の事実を知らせたうえでその原因について聞き取り調査をして、保護者である原告らに対しその結果を報告すべきであったのに、その義務の履行を怠ったとして、学校法人に対する損害賠償請求が一部認められた事例(高知地裁平成24年6月5日判決)
【民事裁判例】相撲協会から、無気力相撲への関与を理由として解雇処分とされた力士が、当該処分等は無効であるとして、力士としての地位確認等を求めた事案で、解雇処分が無効とされた事例(東京地裁平成25年3月25日判決)
2014.05.29
お役立ち情報
【民事裁判例】相撲協会から、無気力相撲への関与を理由として解雇処分とされた力士が、当該処分等は無効であるとして、力士としての地位確認等を求めた事案で、解雇処分が無効とされた事例(東京地裁平成25年3月25日判決)
相手方の住居付近で行われた相手方が在宅しているか、転居しているか等、その動静を観察する行為は、短時間であっても、ストーカー行為等の規制等に関する法律2条1項1号の「見張り」をする行為に該当するとされた裁判例(東京高裁平成24年1月18日判決)
2014.05.22
お役立ち情報
相手方の住居付近で行われた相手方が在宅しているか、転居しているか等、その動静を観察する行為は、短時間であっても、ストーカー行為等の規制等に関する法律2条1項1号の「見張り」をする行為に該当するとされた裁判例(東京高裁平成24年1月18日判決)
共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲(最高裁平成24年11月6日第二小法廷決定)
2014.05.15
お役立ち情報
共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲(最高裁平成24年11月6日第二小法廷決定)
【審判例】面会交流審判について、頻度等、受渡場所、受渡方法について審理不尽があるとして、原審に差し戻した事例(東京高裁平成25年7月3日決定)
2014.05.08
お役立ち情報
【審判例】面会交流審判について、頻度等、受渡場所、受渡方法について審理不尽があるとして、原審に差し戻した事例(東京高裁平成25年7月3日決定)

お問い合わせ

当事務所では、相談するにあたり紹介者は必要ありません。

どなたでもお気軽にご相談いただく事ができます。

お急ぎの方は、その日の相談 「即日相談制度」 を受け付けております。

Back top