スタッフブログ

ものは、使える限り大切に

スタッフ(2019年11月15日 15:58

こんにちは。スタッフ「S」です。

今年の台風19号は至るところに様々な被害をもたらしましたが、その後訪れた低気圧や台風21号周辺の湿った空気の影響でも再び大雨となり、更に被害が出ました。
私の住んでいる地域は断水になることもなく、大きな被害はなかったのですが、少し低い地域に住む友達の家は、側溝の氾濫によって冠水寸前までいったそうです。2回目の大雨では、この側溝の氾濫による冠水被害が各地で起こっていたようです。
災害はいつどのような時に起こるかわからないし、やはり日頃から「水」と「食糧」は備蓄しておくべきだと再度実感しました。特に今回は断水した地域が多く、その期間も長かったことから、水の重要性を改めて知らされました。ポリタンクがなかなか手に入らない!といった状況にもなったので、水を保管するポリタンク等の容器も備蓄いておいた方がよいのかなと思います。

さて、ここからは話題を変えて。
10月末にとある場所で行われたフリーマーケットに、初出店させていただきました。 
「フリーマーケット」のルーツは、元来フランス各地で行われていた「蚤の市」。省資源・省エネルギーの思想と、環境保全まで含めた考え方で、不用品や再生が可能なものを公園や広場に持ち寄って売買・交換し再利用を図る市民レベルの知恵として各地に広がっていきました。今では市民のライフスタイルとして定着し、また観光名所としても多くの方々が訪れています。
このフリーマーケットですが、誰でも出店できるわけではなく、抽選によって当選者のみが出店できる仕組みとなっているようです。
友達から当選したとの報告を受け、一緒に出店しない?と誘いを受けたのがきっかけです。
ここ最近、子供服など着れない服が家に山積みになっていました。どうにかしないととは思いつつも、いざ、捨てよう!と決心はするけど、どこか捨てるのはもったいないと思ってしまい、結局何もしないまま放置。家の中はいらないものが増えるばかりでした。そんなところにこの話が舞い込んできたのです。
友達から、売れるコツ等色々と教えてもらい、出店一週間前から準備にとりかかりました。
ここで売れるコツについて少し書かせていただきます。

<売れるコツ>
○その1 季節のものを販売する。
これから寒くなる時期であれば、冬物、特にジャンバー等羽織るものが結構売れます。
○その2 子供服・男性用普段着は結構売れます。
小学生までの服がよく売れます。(男女問わず)皆さんがよく知っているブランドのものは得に売れます。また、男性用の普段着も売れました。ご夫婦でお越しになった方にとっては、旦那さんの服はこういったフリーマーケットで購入し、安くすませようという考えからでしょうか?
○その3 値札に、一目見てわかりやすい商品情報を記載する。
一目見て分かりやすいように、値札にサイズ、ブランド名、金額、男用or女用を記入する。
○その4 午前と午後で、商品のディスプレイを変える。
販売スペースも小さいため、より多くの商品を見てもらうために、午前と午後とでディスプレイを変えると良いようです。

※↑割り当てられたスペースが狭かったため、一見するとごちゃごちゃしていますが、それでも皆さん、目についたものは手に取って見ておりました!

子供達もお店屋さん気分?で一つでも多く売ろうと、お客さんへの声掛け等必死に頑張ってくれました。当日は少し曇り(今にも雨が降ってきそうな天気)のせいか、客足も少なかったのですが、子供達の頑張りもあり、な、なんと!1万円程の売上となりました~★★★
午後から用事があったため3時間程の販売でしたが、この結果に大満足です。
家の中のいらないものがおこずかいに変わり、家の中までスッキリしてするなら、こんな楽しいことはないですね。
皆さんももし機会があれば、出店してみてください。おそらく一度出店するとやみつきになるのでは???

では、本日はこの辺りで失礼致します。

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ

0246-88-6464

受付時間  9:00~18:00
ご相談時間 9:30~19:30
     (土日・祝日は定休)

0246-25-5115

所属弁護士をご紹介
疑問にお答えします
所長菅田の声を掲載
現場の声を掲載
役立つ法律情報を更新
事務所からのお知らせ